着やせテクと着やせコーデで痩せて見せる方法

着やせテクと着やせコーデで痩せて見せる方法

ダイエットを始めたばかりだったり、まだ成果が出る前でも服装を工夫することで痩せて見えるんです!

よく「着痩せ」と言う言葉を聞くと思いますがそのことです。

ファッションに自信がなくても問題ありません。

着痩せして見える服装のコツをつかむだけで違いが出ます!

Sponsored Links

痩せて見えるコツ!

痩せて見えるコツ

鎖骨を出す

これはすぐにできる着痩せ効果です!

まずは鎖骨を見せること!

 

例えば、Vネックのシャツなど。

鎖骨を見せることで全体的にスリムに見えます。

 

それと鎖骨を見せる服を着ると自然と首も見えるようになりますよね?

 

実はこれも着痩せのコツです。

首が出ていることで身長が高く見えスタイルが良く見える効果もあるんです!

 

ウエストの位置は高め!

ウエストが高い位置にくるような洋服を穿くことで、目の錯覚により足長効果があります。

それを応用して、ワンピースなどもただストンと着るのではなく、ベルトを使うことでくびれがあるように見えるため、お腹痩せ&スタイルがよく見えます!

スカートなどを穿いたときにサスペンダーなどを使って位置を高くしてもいいですね。

 

羽織る物は自分に合ったものを!

アウターは冬に大活躍しますよね!

季節にとらわれているせいか、アウターを選ぶ時は下にたくさん着るからとやや大き目を選びがちですが、これは実は逆効果なんです!

痩せて見えるどころか、体格が大きく、がっちりしてるように見えてしまいます。

 

なので、アウターは買う前にちゃんと鏡などで肩幅や全体のバランスなどを確認して、自分に合った物を買いましょう!

ダウンなんかは確かに暖かいですが、太って見えるのでコートなどのがオススメです。

 

同系色で着痩せ

秋冬の時期は黒のストッキングやタイツが活躍しますね。

そこを狙って、履く物も同じ色で合わせることで足長、美脚効果があるんです!

さらに、この時にぺったんこのパンプスなどを選ぶより、ヒールのあるパンプスなどを選んだほうが足が細く、長く見えます。

Sponsored Links

洋服の選び方で変わる!

洋服の選び方で変わる

自分の体型や隠したいところをしっかり把握していないと、買い物の時点で着痩せ出来るのか出来ないのかが決まります!

 

スカートの場合

スカートの場合はまずどこを隠したいかで選びます。

 

お尻やウエスト、腰周りを隠したいのなら、ふんわりしたタイプはNGです。

その場合は引き締めてみえるようなちょっとピタッとした丈の短いタイプの物がいいです。

ジーンズ生地のスカートなどがそうです。

 

太ももを隠したいのなら逆にふんわりとしたタイプがおすすめです。

長さは膝丈ぐらいがいいでしょう。

スカートにボリュームがあることで足が細く見えます。

 

ふくらはぎの場合は足でも、下の方を隠すことになるので自然と長い物になりますね。

この場合はマキシ丈のワンピースなどでもカバーできるのでおすすめです

しかし、共通していることは短すぎる物を選ぶとかえって太く見えてしまうので気を付けましょう。

 

パンツの場合

パンツも種類がたくさんありますが、その種類で選ぶのではなく、カラーで選びましょう。

 

定番なのはやはり黒です。

黒はパンツに限らずトップスなどでもそうですが、一番着痩せ効果が高く、他のカラーと合わせやすいため需要もあります。

 

黒ばかりだと面白みがないという場合、他のカラーだとグレーなどの暗いカラーです。

 

本来ならば膨張カラーの定番である白は避けるべきですが、やはり穿きたいときがありますよね。

そんな時はトップスを柄がある物などパンツよりも派手な物にして、上半身を目立たせましょう!

そうすることで自然と視線が上に集まります。

 

そしてジーンズの種類では選ばないと書きましたが、気になるようであればスキニージーンズなどがオススメです。

とにかくお腹が気になる!

ぽっこり出たお腹がとにかく気になる、どこよりもお腹をカバーしたい。

そんな人にオススメです!

即効ポッコリお腹をへこます方法

 

お腹をとにかく強調!

お腹をとにかく強調

あえて気になるとこを強調し着痩せ効果を狙います!

難しいことは何もないです。

お腹の部分にベルトなどを使うだけです!

ベルトで引き締めて、ハイウエストにするだけでくびれがあるように見えて、着痩せ効果があります。

 

ブラウスを使って着痩せ

ブラウスの裾を使って着痩せします!

裾をふわっと膨らませてぽっこりお腹を隠しちゃいます!

 

スカートやパンツに裾をいったん入れます。

そのあと裾を少し引き出します。

そして、ここでふわっと洋服をたるませてお腹を隠してしまいます。

さらに腰辺りにべルトを使うとさらに着痩せ効果があります。

 

アクセサリーで視線をずらす

アクセサリーを上手に使うことで、お腹に視線がいかないようにします。

どんなアクセサリーを使えばうまくいくの?と思いますが、簡単なんです。

シンプルな物よりも派手だったり、普段使わないような意外な物を使えばいいんです!

 

例えば、大き目のアクセントとなるようなものが付いたネックレスや、何連にもなったネックレスなどです。

冬はマフラーなどでもいいですね。

マフラーを巻くことで小顔効果もあります。

 

洋服はちょっと工夫することでいくらでも着痩せできます!

しかしその逆もあり、ちょっと間違うと太って見えたり、ファッションとしておかしくなったりしてしまうので気を付けないといけません。


Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ